google.com, pub-9562754784384857, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブリュウナエンジン復元機 土、日、祝日に公開始まる

ブリュウナエンジン復元機 公開しましたので

富岡製糸場 ブリュウナエンジン復元機

 

 

創業時に富岡製糸場で使われていた
蒸気機関・ブリュウナエンジンは
明治村に保存されています。

 

富岡市の商工会・工業部会有志は
本物そっくりの復元機を「富岡の工業会のシンボル」にと
2012年から着手し4年の歳月をかけて復元できました。

 

復元にあたり図面は残されてなく、
明治村にたびたび通い、
分解できるところは分解して実寸を計測し、
図面を作成したそうです。

 

富岡製糸場 ブリュウナエンジン復元機

 

2.5メートルの巨大なフライホールなどを復元して行くと
現代では不要な部品が使われていたりするそうです。

 

復元メンバーの人が詳しく説明してくれたのですが
私には基礎知識がなく理解できませんでした。

 

富岡製糸場 ブリュウナエンジン復元機

 

ただ覚えていることは
「どこに設置されていたのか?」
「どのように(天井か床下か)動力を伝えていたか?」
分かっていないそうです。

 

富岡製糸場 ブリュウナエンジン復元機

 

 

土・日・祝日の10:30〜14:30頃に
実際に動かす予定だそうです。

 

その時には工業部会員の説明もあるので
興味のある人はぜひ見学されてはいかがでしょうか。

 

ブリュウナエンジン復元機を見学するには
特別料金は必要ありません。

 

富岡製糸場 ブリュウナエンジン復元機

 

保存工事中の西置繭所の前に
仮設の展示施設を作り
その中で展示しています。

 

関連ページ

富岡製糸場が世界遺産に登録された
富岡製糸場が世界遺産に登録されました。富岡製糸場の見学について。特に見学時間や最近のイベント情報を、地元民目線でお知らせいたします。思わぬ発見があって面白いですよ。
New西置繭所の耐震工事が終了|改装後はショウルームのようです
富岡製糸場の西置繭所の耐震工事が終了しました。改装後はまるで最近のショウルームのようです。
New旧韮塚製糸場がまちなか周遊の拠点としてオープン
富岡製糸場の正門から目と鼻の先に旧韮塚製糸場が改修されました。
富岡製糸場の定休日は12月29日〜31日に変更しました
富岡製糸場に来られる方に、富岡市の商店街が水曜休みなので合わせて富岡製糸場も定休していました。遠来の観光客の皆様にガッカリさせないように定休日は12月29日〜31日に変更しました。
富岡製糸場が通年(年中無休)で見学出来ます
富岡製糸場は市内の商店にあわせ水曜日が定休日でした。遠方から富岡製糸場の見学に来られた方に不便でした。2016年3月からは12月29〜31日を除き、年中無休になりました。
国宝 東置繭所が見学が出来るようになりました
富岡製糸場の国宝・東置繭所が見学出来るようになりました。2階を見学するので、重量制限があるため入場制限があります。東置繭所を最初に見て、それから他を見学すると良いと思います。
開場時間を延長が決定:7月16日から8月31日まで
子どもさんが夏休みに一人でも多く富岡製糸場を見学して頂きたいので、開場時間の延長をします。なお、入場受付は午後5時までです。最近、群馬県は暑いので暑さ対策もお忘れなくお願いします。
西置繭所の工事現場が公開! | 見学しました。
富岡製糸場の西置繭所の工事現場が公開され、見学してきました。見学料が別途200円掛かりますが、明治5年にしてはシッカリ出来ているので、折角だから見学しましょう。
鉄水溜(明治8年造)が公開されたので、見学しました。
富岡製糸場の西置繭所の工事現場が公開され、見学してきました。見学料が別途200円掛かりますが、未公開だった鉄水溜も同時公開になったので、折角だから見学しましょう。