富岡製糸場が通年(年中無休)で見学出来ます

富岡製糸場が通年(年中無休)で見学出来ます

富岡製糸場のお休みは

 

12月29日〜31日

 

富岡製糸場の見学は
周囲のお店の定休日に合わせて
水曜日がお休みでした。

 

定休日があることを知らずに
遠方から富岡製糸場に来られ、
ガッカリしてお帰りになる方が多々居ました。

 

これからは、
年末の12月29〜31日だけが
定休日となりました。

 

草津温泉のお帰りに立ち寄っても
定休日でガッカリさせることもなくなります。

 

富岡市民としては
空いている水曜日を選んで
富岡製糸場を見学をお勧めします。

 

加賀の前田家が藩主だった七日市藩

 

富岡製糸場

 

現在では県立富岡高校が使っています。

 

加賀百万石・前田家が
七日市藩を治めていた歴史
や、
黒門は授業中でも外から見れます。

 

妙義神社には群馬の「日暮らしの門」がある

 

富岡製糸場

 

妙義神社などにも訪れて頂きたいと思います。
日光東照宮を造った刀匠たちが
妙義神社も造ったといわれています。

 

宝物殿の石垣も見事です。

 

春の桜の時期、
秋の紅葉時期は
観光バスが多く立ち寄ります。

 

松井田妙義ICから10分ですから、
富岡製糸場のお帰りにはおすすめのスポットです。

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

 

●草津温泉の記事はこちら

 

●伊香保温泉の記事はこちら

 

●四万温泉の記事はこちら

 

トップページに戻る

関連ページ

富岡製糸場が世界遺産に登録された
富岡製糸場が世界遺産に登録されました。富岡製糸場の見学について。特に見学時間や最近のイベント情報を、地元民目線でお知らせいたします。思わぬ発見があって面白いですよ。
New西置繭所の耐震工事が終了|改装後はショウルームのようです
富岡製糸場の西置繭所の耐震工事が終了しました。改装後はまるで最近のショウルームのようです。
New旧韮塚製糸場がまちなか周遊の拠点としてオープン
富岡製糸場の正門から目と鼻の先に旧韮塚製糸場が改修されました。
富岡製糸場の定休日は12月29日〜31日に変更しました
富岡製糸場に来られる方に、富岡市の商店街が水曜休みなので合わせて富岡製糸場も定休していました。遠来の観光客の皆様にガッカリさせないように定休日は12月29日〜31日に変更しました。
国宝 東置繭所が見学が出来るようになりました
富岡製糸場の国宝・東置繭所が見学出来るようになりました。2階を見学するので、重量制限があるため入場制限があります。東置繭所を最初に見て、それから他を見学すると良いと思います。
ブリュウナエンジン復元機 土、日、祝日に公開始まる
富岡製糸場では創業時に動力として使われていた ブリュウナエンジンの復元に成功し、土、日、祝日の10:30〜14:30頃に稼働させる予定だそうです。動くのが至近距離で見られます。
開場時間を延長が決定:7月16日から8月31日まで
子どもさんが夏休みに一人でも多く富岡製糸場を見学して頂きたいので、開場時間の延長をします。なお、入場受付は午後5時までです。最近、群馬県は暑いので暑さ対策もお忘れなくお願いします。
西置繭所の工事現場が公開! | 見学しました。
富岡製糸場の西置繭所の工事現場が公開され、見学してきました。見学料が別途200円掛かりますが、明治5年にしてはシッカリ出来ているので、折角だから見学しましょう。
鉄水溜(明治8年造)が公開されたので、見学しました。
富岡製糸場の西置繭所の工事現場が公開され、見学してきました。見学料が別途200円掛かりますが、未公開だった鉄水溜も同時公開になったので、折角だから見学しましょう。