け 県都前橋 生糸の市

け 県都前橋 生糸の市

けんとまえばし いとのまち

 

富岡製糸場と
前橋を関連つける色々な出来事は、
NHKの2015年の大河ドラマに描かれています。

 

富岡製糸場で生産された生糸は
横浜から輸出されて、
1級品の生糸として世界中で珍重されました。

 

国宝の東置繭倉庫に
富岡製糸場のマークが押してある
繭の袋が陳列してあります。

 

当時の県令楫取素彦(かとり もとひこ)
富岡製糸場が官営工場でいられたとか、
その後に引き続けられた各社があるのも、
県令=当時の県知事のお蔭でした。

 

当時は輸出生糸の生産地として
全国的に有名となりました。

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

桐生は日本の 機どころは→こちら
銘仙織り出す 伊勢崎市は→こちら

 

 

関連ページ

ね ねぎとこんにゃく 下仁田名産
富岡製糸場から西に、車で30分の所に下仁田ICがあります。その近くに道の駅しもにたがあり、その周辺で採れる下仁田ネギが最高だといわれています。群馬県民なら知っている上毛かるたの1枚です。
ま 繭と生糸は日本一
繭と生糸は日本一。当時の富岡製糸場で作られた生糸は輸出され、世界のシルク製品では1地番だったそうです。群馬県人なら誰でも皆知っている、上毛かるたの1枚です。
き 桐生は日本の 機どころ
富岡製糸場と桐生の機織りの歴史や今なお残るノコギリ屋根の工場群を見学されるのも楽しいと思います。高速道理を利用すれば、40分位で着けますからお勧めします。
め 銘仙織出す 伊勢崎市
富岡市民が富岡製糸場に来られる方に、お勧めする場所に伊勢崎市があります。養蚕県の中間に位置し、群馬県に絹織物の桐生と並ぶ生産地でした。