ね ねぎとこんにゃく 下仁田名産

ね | ねぎとこんにゃく 下仁田名産

富岡製糸場 下仁田ネギ

 

群馬の上毛かるたに

ね ねぎとこんにゃく しもにためいさん

と詠まれています。

 

海なし県の群馬には
これといった名産はありません。

 

下仁田ネギは
三回植え替え
手間をかけて作ります。

 

 

富岡製糸場 下仁田ネギ
その太さから?
値段の高いから?
殿様ネギと呼ばれ
珍重されています。

 

下仁田地区以外でも下仁田ネギ?

富岡製糸場 下仁田ネギ
下仁田ネギは下仁田町馬山地区が
本場であると地元では言っています。

 

下仁田ネギがおいしく食べられるのは
ネギに霜が降りて甘くなってから
12月初旬から中旬が一番おいしいと思います

 

富岡の私宅では、
本場の下仁田ネギはお高いので
富岡市神農原産の下仁田ネギ?を食べます。

 

戦後生まれの私たちは「肉無しすき焼き」や
牛肉は食べられないので「豚肉のすき焼き」を食べました。

 

成人してから本物の「すき焼き」を食べたら、
こんなにうまいものだったんだ!と驚きました。

 

40年以上前の貧しい時代の話です。

 

この記事を読んだ人はこちらも読まれています

●草津よいとこ 薬の温泉はこちら

 

●伊香保温泉 日本の名湯はこちら

 

●世のちり洗う 四万温泉はこちら

関連ページ

ま 繭と生糸は日本一
繭と生糸は日本一。当時の富岡製糸場で作られた生糸は輸出され、世界のシルク製品では1地番だったそうです。群馬県人なら誰でも皆知っている、上毛かるたの1枚です。
け 県都前橋 生糸の市
周辺観光地をご案内するには、少し異なるかも知れませんが前橋市をお勧めします。富岡製糸場に来られる方に、前橋市には製糸業・輸出についての歴史的遺産が残されています。
き 桐生は日本の 機どころ
富岡製糸場と桐生の機織りの歴史や今なお残るノコギリ屋根の工場群を見学されるのも楽しいと思います。高速道理を利用すれば、40分位で着けますからお勧めします。
め 銘仙織出す 伊勢崎市
富岡市民が富岡製糸場に来られる方に、お勧めする場所に伊勢崎市があります。養蚕県の中間に位置し、群馬県に絹織物の桐生と並ぶ生産地でした。