群馬県の地魚はマス・ヤマメなどの名産物を紹介します

群馬県の地魚はマス・ヤマメなどの名産物を紹介します

富岡製糸場
蚕(かいこ)が成虫になって繭(まゆ)になったところです。

 

群馬県は北関東に位置する海なし県です。

 

名物は「かかあ天下とからっ風」。
女性は働き者です。

 

群馬県の女性と結婚すると
お尻の下に敷かれますが、
一生食べさせてもらえますよ。

 

個人の意見です。

 

群馬県には地魚はマス・ヤマメですが、
ネギとコンニャク、赤城牛はブランドです。

 

地元で今でも良く食べられている
おいしい田舎料理を紹介します。

 

 

群馬県の地魚はマス・ヤマメなどの名産物を紹介します記事一覧

ね ねぎとこんにゃく 下仁田名産

群馬の上毛かるたにね ねぎとこんにゃく しもにためいさんと詠まれています。海なし県の群馬にはこれといった名産はありません。下仁田ネギは三回植え替え手間をかけて作ります。その太さから?値段の高いから?殿様ネギと呼ばれ珍重されています。下仁田地区以外でも下仁田ネギ?下仁田ネギは下仁田町馬山地区が本場であ...

≫続きを読む

 

ま 繭と生糸は日本一

ま まゆときいとは にほんいち富岡製糸場を最初の官営工場として生糸の品質を高めました。当時のヨーロッパではシルクの生地と言えば日本製が一番でした。NHKドラマの「花燃ゆ」に日本の上流階級の婦人たちが、外国人の男性に聞くシーンがありました。その男性が「日本製のシルクが世界一番良い」と言い、女性たちが認...

≫続きを読む

 

け 県都前橋 生糸の市

けんとまえばし いとのまち富岡製糸場と前橋を関連つける色々な出来事は、NHKの2015年の大河ドラマに描かれています。富岡製糸場で生産された生糸は横浜から輸出されて、1級品の生糸として世界中で珍重されました。国宝の東置繭倉庫に富岡製糸場のマークが押してある繭の袋が陳列してあります。当時の県令楫取素彦...

≫続きを読む

 

き 桐生は日本の 機どころ

きりゅうはにほんの はたどころ自動車を利用しない人にも交通の便が良いのが桐生です。JR両毛線、東武鉄道と上毛電鉄が桐生市には乗り入れています。桐生の起源は和同(1200年前)に遡れ、西の京都、東の桐生と並び称されました。桐生御召や羽二重など絹織物の産地でした。日本で最初に絹機織りを輸出したのも桐生か...

≫続きを読む

 

め 銘仙織出す 伊勢崎市

めいせんおりだす いせさきし伊勢崎の機織りの歴史は古く文政の頃には始まったと言われています。群馬県には桐生と伊勢崎の2大生産地があり、伊勢崎銘仙が有名です。伊勢崎は東武鉄道が東京に直結し、JR両毛線沿いにあり交通の便が良い所です。近年は自動車部品や各種工業品の工場が拡大しています。この記事を読んだ人...

≫続きを読む