富岡製糸場のレンガ窯跡と礎石採掘場跡を見学には上州福島駅で無料貸自転車を使って

桜並木の小幡 雄川堰 富岡製糸場

上信電鉄では無料自転車を貸し出しています。

無料自転車を借りて富岡製糸場以外にも、あちこち散策することが出来ます。

今回は地元民がお勧めする、隣町の上州福島駅で貸自転車を借りて「織田家ゆかりの城下町小幡」を観光するコースを案内します。

無料自転車は借りたところへ返すのがルール

上信電鉄では無料自転車は3か所で借りられます。

  1. 高崎駅
  2. 上州富岡駅
  3. 上州福島駅

です。
高崎駅を出発して帰着するまで、電車賃は余計には掛かりません。ただし、ご自分で自転車を管理する決まりになっています。

上州福島駅で借りた無料の貸自転車は上州福島駅に返さなければなりませんからお忘れなく。

出発は上州福島駅から

上州福島駅

まずは、笹の森神社を目指します。最初の変則交差点は直進します。現在は交差点で工事しています。2021年中には普通の交差点に変わると思います。

左右の通りが旧254号線です。横断歩道で渡りましょう。

次の手押し信号は無視して、案内板がある3つ目の信号を右折します。交差点の向かい側左にセブンイレブンがありますので迷う心配はありません。

富岡製糸場のレンガ窯が

富岡製糸場 レンガ窯
300m先の変則交差点も直進したら、変則交差点・4差路を直進します。

笹の森神社 ウオシュレットのトイレ
右側に公衆トイレがあります。ここが笹の森神社の駐車場です。

ここに自転車を置いて、歩いて反対側の瓦工場へ向かいます。

レンガ窯
富岡製糸場のレンガを造った工場跡ですが、見学は土曜日の10時から4時までです。

外からガラス越しに見られますので、折角来たのですから見ておきましょう。

私も中に入って説明を聞いていないので分かりませんが、当時のものが残されているようです。

レンガ工場跡を見学したら、来た道を信号まで戻ります。そして右折します。甘楽町役場を目指します。

こんにゃくパークの試食は全部コンニャク?

こんにゃくパーク
こんにゃくパークは甘楽町役場の前を通り過ぎたら、右折します。デカい看板がありますから迷いませんよ。

試食は全部無料です。コンニャクからできているとはいえ、よくもこれだけ作れるなと感心してしまいます。

お土産に買われるのなら、コンニャクは重いので帰りが良いと思います。帰り道にも甘楽町役場の前を通りますから安心して下さい。ちょこっとこんにゃくパークでお土産を買いましょう。

こんにゃくパークからもと来た道に戻り右折して、上信越自動車の下を抜けると前方に桜並木の雄川堰が見えてきます。

武家屋敷や雄川堰(おがわぜき)

桜並木の小幡 雄川堰

桜並木の側は車も走れる車道です。歩道ではないので注意して走行しましょう。

桜が咲くころには、

  • 武者行列
  • 桜マラソン

などがあり、観光客でにぎやかになります。

武者行列 甘楽町
小幡の桜並木をちょっと裏側にまわれば、雄川堰が今も流れています。ゆったり大人の散策したい方にはこちらのほうが良いかもしれませんね。雄川堰沿いに道は続いています。案内板も出ていますよ。

小幡八幡宮は狛犬?

小幡八幡宮
桜並木の中ほどにタクシー会社があります。小幡八幡宮はタクシー会社を左折すると、奥の山に近いところにあります。

狛犬 あ

おすすめは「あ」、

狛犬 うん
「うん」の狛犬です。全部バラスとつまらないので写真をのせておきます。

途中に信州屋などの休むところもあります。桜並木が見ごろ終わるところの信号は直進して、織田家七代の墓に向かいましょう。

織田家七代の墓は隠れた名所

織田家七代の墓
新しく整備された塀が目印です。こちらからは上り坂が長いので、少し直進します。

下馬
昔はここで馬から降りて、墓参をした場所だそうです。

崇福寺 織田家七代の墓
自転車は少し進んで、案内板のところを左折します。

織田家七代の位牌堂

織田家 位牌堂
誰がお掃除をしているのか、いつも綺麗になっています。

ヒガンバナ
お墓へ向かう道を彼岸花が華やかにしてくれていました。

織田家七代の墓
織田家七代の墓にお参りしたら、景色がいいので整備された公園?で少し休憩します。トイレはウオシュレットのトイレです。

さて、時間と体力に余裕がありましたら、富岡製糸場の礎石を切り出した連石山に寄りましょう。

富岡製糸場の礎石は連石山(甘楽町)

連石山 富岡製糸場礎石
織田家七代の墓から北に見える山が連石山です。近くに見えますがアップダウンがありますよ。田舎の道は近いようで遠いので体力のない方にはすすめられません。

連石山 登山道
連石山の登山道は勾配が急ですが、距離が短いので頑張って上りましょう。富岡製糸場の基礎はここで切り出されて、大八車で富岡まで運ばれました。礎石を切り出した跡がハッキリわかります。

連石山を見たら、織田家七代の墓近くの大通りまで戻ります。ここが最後の上り坂です。大通りに出たら桜並木の方へ戻りましょう。途中に楽山園の案内が左側にあります。

楽山園に寄らないで道の駅甘楽に行く場合でも、楽山園の前を通ってゆくと、下り坂で武家屋敷跡らしい雰囲気のある道を抜けられます。おすすめです。

楽山園は再建されたものですが…

楽山園
史実に基づいて再建された楽山園ですが、山を借景にした回遊式庭園です。見晴らしの良い四阿に上って、高いところから眺めてみましょう。きっと、お殿様気分になりますよ♪

桜の季節にはあたり一面がピンクに染まります。右を向いても左を見ても桜でいっぱいです。凌雲亭では、お点前を一服(有料)どうぞ!殿様気分になってみるのもいいものでしょう♪

夏にはホタルの鑑賞会があります。世の中がこんなに明るくなかった頃を体験できるのはホタル観賞会だけです。冬は薪能の夕べもありますよ。

楽山園を出たら左折して、長岡今朝吉記念ギャラリーを経由して道の駅甘楽に行きます。下り坂です。楽ちんですね♪

道の駅甘楽はなぜかイタリア?

道の駅甘楽

桃太郎弁当がなぜか好評です。パックのお弁当もあります。なぜ桃太郎弁当?15年くらい前は秋畑地区でキジ(鳥)を養殖していました。養殖とはいえ自然に囲まれた山中で育てられたキジですから、うまいと評判でした。その名残で桃太郎弁当があるらしいです。

地元の農産物直売所にもなっていて、いつも観光客で混雑しています。

道の駅甘楽ではピザ・ワインが売り物になっています。甘楽町がイタリアのチェルタルド市と友好姉妹都市になっています。ピザはシェフがイタリアで修行してきました。姉妹都市の関係でワインなどが販売されるようになったのです。

道の駅甘楽 第2駐車場
混雑しているときは自動車はこちらに止められます。こちらのトイレもウォシュレットです。

お腹も一杯になったところで、武家屋敷・かんら堰に戻ります。道の駅甘楽を左折して最後の登り坂を上ります。全力を出し切っても大丈夫ですよ。この後は上州福島駅までずーっとなだらかな下り道です。

桜並木の小幡・雄川堰

雄川堰
桜の季節なら見ごたえがありますよ。桜以外の季節では、信号を左折したら一直線に上州福島駅を目指します。なだらかな下りですから気持ち良くゴールできます。

終点・上州福島駅

上州福島駅で無料の貸自転車を返したら、帰りの時刻表を確かめてからユックリしてください。一本乗り遅れると1時間待つことになりますよ。

上州福島駅の近くにはコンビニがありません。笹の森神社に近いセブンイレブンで飲み物やお菓子を買ってから、上州福島駅に戻る方がいいですね。

上州福島駅で無料貸自転車を借り・まとめ

上州福島駅で無料貸自転車を借りて甘楽町、とくに小幡地区を散策しました。いかがでしたか?

車の方が良かった!きつかった!と、思う人は高崎駅でレンタカーを借りて周遊するコースもありますよ。群馬県は公共交通機関が少ないので、移動には乗用車は必需品です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました